新型コロナウィルス感染対策

院長ブログ

  • 「転倒予防」の具体的アクション
    前回、転倒予防のためには「環境を整えること」が重要というお話をしました。環境を整えて、強制的にダイエットする環境にする、強制的に勉強しないといけない環境に追い込む。それと同じように、転倒予防で重要なことは強制的に転倒しな …
  • 「転倒予防」についてもっと考える
    転倒は骨折などの原因になり、一度転倒をしてしまうと以前のように歩くことが困難になってしまいます。転倒しないように予防することが大事と言われています。予防するために「転倒に注意しましょう」と注意喚起で終わってしまいます。「 …
  • 褥瘡・床ずれの対応を学ぼう③
    褥瘡・床ずれの対応を学ぼうシリーズ最終章です。褥瘡のケアのスタートは、褥瘡ができてしまった原因を把握することから始まると学びました。そして「除圧すること」が褥瘡ケアでとても重要だということと、除圧を実践するための具体的な …
  • 褥瘡・床ずれの対応を学ぼう②
    褥瘡は虚血によって生じてしまいます。褥瘡のケアでは「除圧すること」が重要です。除圧する環境を整えるために多職種チームでアイデアを出し合うこと。今回はもう一歩踏み込んだ具体的な対応方法を学んでいきます。除圧をするためにでき …
  • 褥瘡・床ずれの対応を学ぼう①
    「褥瘡」と書いて「じょくそう」と読みます。床ずれのことを医学用語で褥瘡と呼びます。高齢者では褥瘡は頻繁にみる皮膚のトラブルのひとつです。褥瘡をみたときにどうやって対応すればいいのか?褥瘡を良くしたい!と思ったとき、一番大 …
  • 「頻尿」おしっこのトラブル
    頻尿は加齢とともに増加する症状のひとつです。オシッコのトラブルは相談できないことも多い症状でもあります。昼間や日中に頻尿で困ってしまう、トイレの場所を確認しないといられない。という訴えがいる方から、夜間頻尿で夜中にオシッ …

ごあいさつ

ようこそ、青空ホームクリニックのホームページへ

当クリニックは定期的に医師が患者様のご自宅に訪問して計画的な医療サービスをご提供いたします。
事前にご相談して作成した計画のもと診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導をさせていただきます。
患者様が住み慣れた地域、ご自宅で快適、安心な毎日をすごすことができるご支援をいたします。
また病状の変化に応じて24時間365日の体制で電話対応または往診を致します。
緊急時は提携病院、またはかかり付けの病院へ救急搬送いたします。

診療風景

クリニック理念

  • 患者さま・ご家族さまの気持ちに寄り添うことをモットーにします
  • 住み慣れた環境で過ごすためのご支援をいたします
  • 職員が気持ちよく働ける職場作りを目指します

くじら在宅クリニックの訪問診療について

  • 地域のかかりつけ医かかりつけ医としての日常的な健康管理(点滴、血液検査など)をお任せください。
  • 24時間365日電話対応ご契約の患者様の緊急時には24時間365日体制で対応いたします。
  • 提携病院やかかり付け病院との連携ご訪問地域の医師・各医療機関と連携して対応しております。
  • ご自宅でのお薬の処方協力薬局との連携によりご自宅でお薬を処方いたします。

以下のようなお悩みの方はぜひご相談ください

  • 自宅療養中で通院が困難
  • 退院後の自宅での療養に不安がある
  • カテーテル、在宅酸素を自宅で受けたい
  • 緩和ケア、終末期ケアが必要
  • 床ずれの手当てを受けたい
  • ご自宅でお薬の処方を受けたい

お知らせ

新任医師のご案内
7月より五十嵐妙先生が赴任しました。
話をするのが好きな女性医師です。なんでもお気軽にご相談ください。
医師紹介ページ≫
肺炎球菌ワクチン接種について
肺炎球菌ワクチン接種、随時承っています。
お問い合わせ:03-6915-2011
新任医師のご案内
2020年4月より吉永惇一先生が赴任されました。
気さくな先生です。どうぞよろしくお願いいたします。
医師紹介ページ≫
訪問診療・在宅診療のご相談について
訪問診療・在宅診療のご相談は、お電話にて承っております。
お問い合わせ:03-6915-2011
インフルエンザ予防接種について
インフルエンザ予防接種、随時承っています。
会社、企業様の集団接種もご相談ください。
お問い合わせ:03-6915-2011
東京ドクターズに取材を受けました
院長の鯨井一正医師が東京ドクターズに取材を受けました。
東京ドクターズ
くじら在宅クリニックが取材を受けました
2020年1月号 雑誌ANCHOR(アンカー)の在宅医療の特集でくじら在宅クリニックが取材を受けました。
雑誌Anchor(アンカー)
取材記事はこちら(アンカー1月号)