院長ごあいさつ

院長 鯨井一正

病院からご自宅に帰ってきたとき、「入院してるときよりも笑顔が多くなった」「食欲がもどった」などの声をよく耳にします。
医療が発展した今でも、住み慣れたおうちで過ごすことはどんな医療よりも良い治療かもしれないと思うことがあります。
病院に通うのが大変な方でも、おうちで医療が受けられる在宅診療はすばらしいものです。
「話をじっくり聞いてくれて安心した」「いつでも来てくれるから助かる」と言っていただける患者さまに寄り添う医療をモットーにしてます。
生活上の困ったこともご相談ください。良き相談役として、お力になれるようサポートさせていただきます。

くじら在宅クリニック 院長 鯨井 一正

東京ドクターズ

困難な患者さまもご相談ください

院長 鯨井一正 診察の様子

私は内科・精神科(特に認知症の方)・緩和ケア(がんの患者さま)への診療で、たくさんの患者さまの治療に携わってまいりました。
色々な診療経験を通して、訪問診療で地域に貢献したいという思いがあります。
ひとそれぞれに育ってきた背景、住んでいる環境もさまざまで、在宅医療は多様なニーズにこたえられるすばらしい医療と考えております。

在宅では困難かなと思われる方でもぜひご相談ください。
「困難な患者さまを支える」そのために各関係機関のみなさまと風通しよく、気持ちよく連携していけるよう心がけてまいります。よろしくお願いいたします。

略歴

  • 埼玉医科大学卒業
  • 済生会川口総合病院(初期研修)
  • 東京女子医大病院
  • 青森新都市病院
  • NTT東日本関東病院
  • 都立豊島病院
  • 目白病院

所属学会

  • 日本在宅医療学会
  • 日本麻酔科学会
  • 日本緩和ケア学会
  • 日本ペインクリニック学会

資格

  • 臨床研修指導医
  • 日本麻酔科学会 専門医
  • 緩和ケア研修修了
  • 産業医

スタッフ紹介

事務長ごあいさつ

事務長 目黒 伸弥

私は今まで特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問介護で、認知症やさまざまな疾患を持った高齢者の方々と接してきました。
12年間、介護福祉関係の仕事をしてきた中で、デイサービスや訪問介護では多くの方々が病院や施設へ入居するのを見届けてきました。
これらの経験から、患者さま本人はやはり自宅での生活を希望する声が多く、その手助けをしたいと思うようになりました。
病院に通うのが大変。
自宅でケアを受けたい。
など、ひとりひとり様々なニーズや生き方があると思います。

事務長 目黒 伸弥2

そのような多様なニーズに今までの福祉分野での経験を生かしながら、おひとりおひとりと真摯に向き合い、医師との架け橋としてさまざまな側面からサポートさせていただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

事務長 目黒 伸弥