スタッフ紹介

事務長ごあいさつ

事務長 目黒 伸弥

私は今まで特別養護老人ホーム、デイサービス、訪問介護で、認知症やさまざまな疾患を持った高齢者の方々と接してきました。
12年間、介護福祉関係の仕事をしてきた中で、デイサービスや訪問介護では多くの方々が病院や施設へ入居するのを見届けてきました。
これらの経験から、患者さま本人はやはり自宅での生活を希望する声が多く、その手助けをしたいと思うようになりました。
病院に通うのが大変。
自宅でケアを受けたい。
など、ひとりひとり様々なニーズや生き方があると思います。

事務長 目黒 伸弥2

そのような多様なニーズに今までの福祉分野での経験を生かしながら、おひとりおひとりと真摯に向き合い、医師との架け橋としてさまざまな側面からサポートさせていただきたく思います。
よろしくお願いいたします。

事務長 目黒 伸弥

医療相談員ごあいさつ

八巻 千容

私が介護や医療に興味を持ったきっかけは、祖母の介護でした。
何度も病院に入院し、その度に「自分の家に帰りたい」と言う祖母に「そうだよね」という言葉はかけられても、実現することが困難なことが多くありました。
在宅医が見つからなかったり、見つかっても受け入れていただけなかったりと、歯痒い思いもしました。
くじら在宅クリニックでは、そんな思いを抱えるご家族の手助けができるのではないか、と感じています。

八巻 千容2

ただ医療を行うのではなく、おひとりおひとりにあった医療をご自宅までお届けできる。それが在宅医療の強みです。
みなさまがご自宅で笑顔で生活を送ることができるよう精一杯サポートさせていただきます。
診療のこと、生活のこと、なんでも遠慮なくご相談ください。よろしくお願いいたします。

医療相談員 八巻 千容 (やまき ちひろ)

佐藤 歩

私は総合病院やクリニックで約10年、医療事務の仕事をしてまいりました。
その中で、日々さまざまな患者さまと接するうちに、もっと患者さま一人一人に寄り添い、お話しをする時間を持てるような仕事がしたいと思うようになりました。そして思い切って在宅医療の世界に足を踏み入れました。
特に、総合病院勤務時代に心臓の緊急手術で入院された方のご家族さまへ公費申請の案内のため、個別に病室に伺いし、お話をするうちに、外来窓口では決して経験することのなかった、深刻な病状に戸惑われるご家族さまの姿を目の当たりにし、少しでもご家族さまの不安を和らげられるよう、助けになりたいと考えるようになりました。

佐藤 歩2

在宅医療においては、患者さまのご自宅へ医師と共に訪問し、じっくりとお話しをお伺いすることができます。患者さまやそのご家族さまの不安を和らげ、ご本人が一番安心の出来る場所である「自宅」にいながら、適切な医療を受け、笑顔で元気に毎日の生活を送っていただけるように精一杯サポートさせて頂きたいと考えております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

医療相談員 佐藤 歩